A Sketch for Bass Clarinet / ア・スケッチ バスクラリネットの為の

参考音源 ( YouTube Site )



 2009年6月21日、朝霞市民吹奏楽団(埼玉県朝霞市)のプリズム・コンサートにおいて初演されたこの作品は同団常任指揮者でもあり東京佼成ウインド・オーケストラ・トロンボーン奏者として活躍されている小熊俊明氏の委嘱により創作され、同ウインド・オーケストラのバスクラリネット奏者として活躍された木村牧麻 氏 に捧げられました。

 Andante トAllegro assai の大きく二つの部分から構成され、のどかに始まり後半は変拍子を伴い軽快に進みます。初演では東京佼成ウインド・オーケストラで活躍されている有馬理恵 氏 がゲスト・ソリストとして演奏して下さいました。

 伴奏は木管8重奏(Fl2 Ob2 Hr2 Bn2)で構成されていますが、後にクラリネット・アンサンブルの伴奏にも直されています。


 楽譜はメトロポリス社から出版されています。

 2012年 フランスの全アカデミーの課題曲にもなりました。