Song for Oboe / ソング・フォー・オーボエ


 ソング・フォー・オーボエは2002年2月12日に創作され、東京正人吹奏楽団(指揮 鈴木正人 氏)に捧げられました。

 作品はアレグレット、アンダンテ、アレグロの大きく3つの部分から構成され、アレグレットの部分ではクラシカルな響きを持ちながらもリズミカルに進み、短いカデンツァをはさみ中間部のアンダンテに入ります。そのアンダンテではロマンチックな雰囲気を漂わせながらも、やや物悲しげなメロディを奏で、オーボエの音がよりその悲しさを増します。アレグロでは一転して明るくスピード感のある楽しい表現になっています。

 ソロオーボエ、伴奏ともにやや高度な技術を要求されますが、理解しやすい作品となっています。

 初演は、オーボエ独奏、坂本真紀 氏、指揮、鈴木正人 氏、東京正人吹奏楽団の皆さんによって、2002年7月7日、練馬文化センター(東京都練馬区)にて行われました。

 写真は初演をして下さったオーボエ奏者、坂本真紀 氏です。


 楽譜はメトロポリス出版社から出版されています。

The music had commissioned by and dedicated to Ms. Maki Sakamoto and Tokyo Seijin Wind Ensemble, Mr. Masato Suzuki, conductor. Akira composed February 12, 2002 and the premiere was at Nerima Bunka Cener in Tokyo on July 7, 2002. The work consists of three parts of Allegretto, Andante and includes two cadenzas.


The piece has published by Metropolis Pub.



後日、2002年7月20日、日比谷公会堂で行われた東京都吹奏楽連盟主催「2002マーチ&ポップス・インHIBIYA」に出演され、ソング・フォー・オーボエのヂュエット版を初演して下さった白澤さん、鈴木先生、石井さん(写真向かって左から)です。