Student's Concertino for Euphonium Solo & Piano / ステューデンツ・コンチェルティーノ


 NEC府中吹奏楽団第25回記念演奏会委嘱作品として作曲されたこの作品は、2000年3月下旬に作曲され、同年5月27日、同団定期演奏会で作曲者自身の指揮、森田倒明氏のユーフォニアムソロで初演されました。 それと同時にピアノ伴奏用も創作され、その初演は2000年10月15日、ユーフォニアム奏者、福田昌範氏、ピアノ伴奏 高山万名美氏によって初演されました。

 作曲者は、かつてユーフォニアム奏者として活動しており、当時、ユーフォニアムの作品があまりにも少なかった事から、ユーフォニアムの為の作品を創作しようと心に留めており、また、森田倒明氏が同団団長であった事、更に、第25回記念演奏会とも重なり、この作品を創作する良い機会に恵まれ作曲したものです。タイトルは、作品の規模も大きくなく、独奏もアマチュアの方でも楽しめる様にと配慮され、理解しやすく、広く色々な方に演奏して頂きたいと願い名付けられたものです。Allgretto, Andante, Allegroの三つの部分に分かれ、二つのカデンツァも含まれて構成されています。

 上の写真は初演をして下さった森田倒明氏です。

This pice is commissioned by NEC Fuchu Concert band on 2000.

The premiere performance was conducted by the composer with the band at 25th anniversary concert on May 27, 2000.


The composer has thought to compose for Euphonium Solo and band because Akira Had studied Euphonium. One of the reason to compose was Mr. Morita who is the head of NEC Concert Band is a good Euphonium player. Another reason is the concert is 25th anniversary concert.


The work is consist of three parts, Allegretto, Andante, Allegro and two cadenzas. It is no difficult to play. Even hi school student ca play the Euphonium solo.



 左の写真は、ユーフォニアム奏者 福田昌範氏のソロアルバムです。ピアノ伴奏は佐藤友美氏です。

 Peace and Piece ( SBPCD-5017)

The picture on left is the CD of solo album by Mr. Hukuda who is Euphonium player. 

( Piano by Ms. Tomomi Satoh / Peace and Piece SBPCD-5017)